働くサラリーウーマンあんの

あんのです。賢くお得に生きたい生活者として、また長年企業で働く会社員として、そして女性としての目線で、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、困ったり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴ります

投資や銘柄選びは、衛星画像で決める時代がきた。AI解析でいろいろわかっちゃう

アクセルスペース社(日本企業です)が、いよいよ来年から衛星画像の販売を始めるとの日経記事。これら衛星画像をAIで解析して経済関連の変動データを割り出すことができる。

例えば、世界中の石油タンクの衛星画像から何がわかるのか?

石油タンクのフタ(屋根)は浮いた状態のため、残量によって位置が上下するのだそう。だから衛星写真でフタの影幅から残量解析、貯蔵量を把握することで石油価格変動が予測できる、というわけ。

その他にも農地の状態から収穫高を予測したり、スーパーの駐車場の車数の変動を分析してスーパー運営事業者の業績を予測するとか、そういうことに使えるらしい。

もちろん投資だけでなく、地方自治体が都市開発や防災などにも生かせる。

衛星+AI解析…スケールも技術もすごい!けれど、元データ入手の発想は意外とアナログで、去年書いた素人考えと発想自体はそう変わらないかも…などと思ってしまった。
   ↓
(その素人考え)真上から写真を撮り、頭(髪)の色分析をすることで、プライバシーを侵害せずにその集団の年齢推測できるかも?と考えた話
1枚の写真の「色」から、年齢層がわかる!? - 働くサラリーウーマンあんの

 f:id:anno1532:20180508205609p:plain
つまり、東京ディズニーリゾートの巨大駐車場を衛星写真で解析すれば、オリエンタルランドの業績や株価の予想がたつとかそういうことですよね。

それなら、全国の道路上の輸送トラック数の変化で物流傾向を予測したり、

全国の選挙演説に集まった聴衆数とその動きを把握することで選挙の行方を占ったり

ちょっと考えただけでもいろいろ思い浮かぶから、それはもう今後どんどん様々なことに使われていくことでしょう。

アクセルスペースに出資しているのは三井物産スカパーJSAT。石油とか商品先物とかよくわからない個人としては、とりあえずスカパーの株でも買っておく!?

でも、もっと面白いエンタメ的な利用もしてほしいな。「衛星画像でウォーリーを探せ!」みたいな世界同時参加イベント、やってみたら面白いと思わない?

あんのでした。

提案。企業はコンビニと提携し、社員研修で1か月コンビニ業務を経験してみる

各企業はコンビニと提携し、社員研修としてコンビニに実際に立ち、1か月程度業務を経験すると良いのではないか?とよく思う。(※コンビニも企業だけれど、ここではあえて書き分けます)

コンビニ側は、なかなか安定的にバイトやパートを囲い込めず、慢性的な人手不足の悩みがある。バイト学生の中にはたった数日で連絡もせず勝手にやめてしまう子も珍しくないという悩みも聞く。

企業側は計画的・定期的に人をコンビニに送り込み、報酬なしで生きた業務体験をさせてもらう。(コンビニ本部の担当者から事前に業務研修を行ってもらった上で)

研修とはいえ企業名を背負い業務として参加するから、お客様やコンビニに迷惑をかけるようないい加減なことはできない。万が一の場合も身元が特定されていることでリスクマネジメントになるだろう。

f:id:anno1532:20180502185418p:plain

コンビニは棚に並んだ商品を売るだけではなく、まさに多種多様なサービスの提供を行っている。それらをすべて覚えた上で、正確に、手際よく、マルチタスクでこなす必要がある。もちろんお客様、そして出入り各業者との良好なコミュニケーション形成、店舗清掃、素早い品出し、商品管理、等々…。売上予測&発注はさすがに無理かもしれないけれど、それでも、コンビニ店舗はある意味会社経営を凝縮したようなものだから、これらを経験することで生きた広い視野が身につく。

むしろ学生バイトより、ある程度社会経験を積んだ社員の方が、その厳しさ・難しさ・そして面白さ・やりがいを一層感じることができるかもしれない。いずれにしてもとても貴重な経験になるだろう。

往々にして、企業に長くいるほど、どうしてもその会社の理論、配属された部署の理論の中で生きてそれに慣れてしまい、現実や顧客が見えなくなっていることに気づかないケースがある。(時折それを感じるニュース見ませんか?)

新人よりむしろ、管理職研修(もしかしたら役員研修)で、コンビニ業務経験をすることって日本企業にとって必要かもしれない。

ということは・・・コンビニバイトをある程度の権限までもってきちんと続けられた学生ってものすごく貴重な人材ということになりますね。就職で優先的に採用するのが吉。

あんのでした。

給与収入450万円独身or控除なし共働きの方、「ふるさと納税」でビール120缶や米100Kgが実質2千円だけどどう?

ふるさと納税をしたことのない友人が「それって肉がもらえるやつでしょ?」と聞いてきた。どうやら「何か手続きすると肉がもらえる仕組み」ぐらいのイメージらしい。

いやいや、ふるさと納税は、ある条件内で自分の好きな自治体に寄附できる制度のこと。多くの自治体では、寄付金の使い道も指定できるから、役所ではなく自分が自治体のお金の使い道を一部決められる制度とも言えるかも。

通販サイトみたいに数えきれないほど色々ある返礼品は、自治体が自分のところに寄付してもらいたいがゆえに、独自に知恵を絞り魅力的な品やサービスを提供しているだけで、国の制度ではない(返礼品がない自治体もあった)。

だから以前過当競争になり、返礼品が豪華すぎて本来の趣旨に反するとか、転売されたりするとかで自粛を求められて、一時のような盛り上がりは沈静化したけれど、それでもやはり私たち納税者にとってはお得な制度。所得税と住民税の一部が控除対象、つまり返礼品がもらえる減税だから見逃せない。
f:id:anno1532:20171223135325p:plain
控除される寄付金の上限は人によって異なる。ふるさとチョイスの目安表によると、例えば「給与収入450万円(年間)の、独身者や配偶者控除のない共働き夫婦」だと、控除上限額5万3千円とある。(※注:条件より各々異なるのであくまで目安)

この人がどこかの自治体(複数OK)に上限の5万3千円払って返礼品をもらい、後日確定申告ワンストップ特例制度で申告すれば、5万1千円分戻ってくる(→※所得税は還付、住民税は控除)。

つまり5万3千円分の返礼品を2千円で買えたのと同じこと。(配偶者控除のない共働き夫婦で、各々給与収入450万円/年なら、世帯でみれば10万6千円分の返礼品を4千円で買える計算)

ただ、返礼品は普通よりずっと高く値づけされているから、寄付金上限を間違えたり後日申告を忘れたりすると、ただ単に超高い買い物したのと同じになってしまう。1年を通じて収入が安定していない仕事や、年途中の転職で年収が読みづらい場合は注意しないとね。

控除上限額5万3千円の場合、肉・海産物・野菜・果物などの他にも例えば…お得な自治体では、缶ビール(350ml)120缶や、米100Kgや、トイレットペーパー460ロールや、家電ならホームベーカリー日立の掃除機などが実質2千円で手に入る。(※ほんの一例。また時期や人気などによって返礼品は日々変化します)

ちなみに、実質2千円で「豪華客船 飛鳥Ⅱ  6日間クルーズ」という返礼品も!ただ、給与収入3,000万円程度の人ですけどね(ため息…)

私もサラリーウーマンだから節税になるので毎年実施。でも「生もの」は、平日昼間に受け取れないし短期間で食べきれないので避けて、米や商品券にしています。
(※ふるさと納税は通販ショップではないから、日時指定できないとか、いつ届くかわらないものも多い)

そうだ、以前ふるさと納税でgetした、サーティワンアイスクリーム商品券(使用期限なし)、このGWに使って食べようっと!

あんのでした。

ニンテンドー ラボ、子供玩具の枠を超えていく可能性?成功したら大人用を出してくるかも

NINTENDO LABOニンテンドー ラボが発売になった。見ただけだけれど、単に子供のおもちゃの枠を超えた可能性みたいなものを感じた。

懐かしいような未来のような、むしろ大人の方が興味を持ちそうで、教育玩具という名のもとに子供に買い与えつつ、自分もちょっとやってみたいとひそかに思うお父さん・お母さんが出てきそう。

小さな脳(Nintendo Switch)を核に、手足など体にあたる様々なKITを子供が自分で手作りし、合体させてそれらを繰り・変化させていく。好きにデコったり、壊れたら自分で直したり、プログラミング初歩のような簡単なやり方で新しい遊びを発明したり…ということらしい。

デジタル端末にあえてアナログな段ボール仕様の手作り工作要素を合わせ、遊びを自分の工夫でどんどん広げていく思想自体が、もしかすると不思議ななつかしさの正体かもしれない。

f:id:anno1532:20180422013136j:plain

ここからは勝手な推測だけれど、今回を皮切りに、バイクやピアノの他にも様々な乗り物シリーズ、楽器シリーズ、職業シリーズ…みたいにシリーズKITを続々と出したのち、さらにAR・VRなどと組み合わせた新たな体験をさせてくれるかも。

例えばポケモンGOボール発射装置を自分で作り、指ではなく自分の腕で実際に投げる(素振り)。ARポケモンの位置情報とコントローラーのセンサー情報により、本当にその方向と強さで投げないとポケモンを捕獲できないとなれば、一層リアルでスポーツに近くなるよね。(街中でやってたら傍目相当恥ずかしいけど)

(ちなみに、Switch版ポケモンシリーズ新作が2018年以降発売と決算資料に載っているけれど、ポケモンGOは関係ないかな…)

そして今回の試みがもし成功したらその次は、段ボールではなく洗練された素材による大人用の実用KITシニア用KITと次々出していくかもしれない。

任天堂  ヤバイ! 

(あ、すべて私の妄想ですので真に受けないでください)

あんのでした。

仕事帰り21時半のスーパー。レジ待ち行列なんて、揚げ物惣菜ばかりなんて、僕は嫌だ!

一人暮らしや働く女性が増えて、惣菜の重要性はどんどん高まっているのに、このビジネスチャンスを真正面からとらえようとしているスーパーがどれほどあるのだろう

少なくとも自分の街の駅近スーパーにその気概は見当たらない。

帰宅前に立ち寄るスーパー。閉店時間が遅くなってくれたのは大歓迎。以前は20時や21時に閉店する店ばかりでお手上げだった。(最近いくら働き方改革とはいえ、毎日定時であがれるようなところがどれほどあるのか…)

でも、遅く帰って全て一から作るとなると、食べる時間はさらに遅くなるし、すでにお腹がペコペコだから、やはりすぐに食べられるものは正直助かる。

だから、以前も書いたようにカット野菜のパックは本当に重宝している。
 ⇒(17.6/4) 業務用食品機械を、自分で操作する付加価値サービス

でも惣菜は、売れ残りで値引きされているものの揚げ物ばかり

少し時間が経った肉や野菜。見た目が少し落ちたり悪くなりきる前に揚げてしまおうとか、夜立ち寄るのは男性の一人暮らしでビールの友に揚げ物食べるだろうとか、

そういう思い込みや、閉店までに売り切りたい店側の理論だけが勝っていない?

また揚げ物でなくても、惣菜1品の量が多すぎる傾向も。これも売り切りたいから「大盛りサービスだ!」ぐらいに思ってない?

この時間帯に買う主流層は、小さい子供がいる3~4人家族というよりも、仕事帰りの1~2人暮らし、もしくは家族はすでに夕食を済ませ遅い帰宅の自分だけ、みたいな人が多いと思われる。

確かにおいしいのだけれど、遅い時間に揚げ物という二重の罪悪感に、量が多いからおかず1種類だけという栄養バランス偏り的な罪悪感、または、食べきれず捨てるかもという罪悪感が上乗せされ、購入に際し心理的なハードルが上がる。

f:id:anno1532:20180421133825p:plainf:id:anno1532:20180421133928p:plainf:id:anno1532:20180421133841p:plain

店側が、ちょっとだけ手間暇かけてパッケージし直すだけで、少し違うと思うの。

揚げ物少し・野菜少し・煮物やあえ物少しの惣菜パック、くだもの1個つきでいくら。みたいに、余ったもの複数種類少量ずつ、様々な組み合わせで出す。(お弁当じゃないから、ご飯はいらない

さらに1歩進んで、惣菜の栄養素の組み合わせによって症状別に、例えば「お疲れ」「飲みすぎ」「野菜不足」「肌乾燥気味」「頭脳勝負」とかのネーミングつけた惣菜なら、付加価値さえ生み出せるかもしれない。

例えば「飲みすぎ」惣菜パック⇒大根と豆腐の煮物少量、キャベツのマリネ(オリーブオイル利用)少量、ブロッコリー2~3房。あとトリカラ1個ね(アルコールに揚げ物は本来NGだけど物足りないだろうから)、それにお湯を注ぐシジミ味噌汁つき。

余りものだから、日によって食材は違うけれど、アルコールを分解し肝臓にいい食材の惣菜を多く組み合わせそれを主張することで、お酒を飲む時(飲んだ時)はここで買う、という習慣を作り出すとかね、いろいろな工夫で攻めたらいいのに・・・

夜はレジの本数を極端に絞っているため、21時半でも10人位のレジ待ち行列に並ばされてイライラしている客本人として、スーパーは注力する方向性がちょっと違う気がする。(閉店に向け片づけしている店員は多くいたから人手不足とは言わせない)

スーパーができないなら、夜開いているコンビニでもドラッグストアでもいい

コンビニは多分そういう方向で色々とトライしているし、ドラッグストアの勢いは最近あなどれない(これはまた後日書きたい)から、スーパーも正念場じゃないかな?

あんのでした。

 

企業の提案書のように、国会も費用対効果(コスパ)を算出してほしい

企業のBtoB(法人向け)商談では、顧客へ何か導入や購入を勧める際、提案時に費用対効果が求められる。物販・IT・システム・サービス等何でも、提案した内容によって、それまでかかっていたプロセス改善や工数の短縮、人件費もしくは人数の削減効果などをシミュレーションして改善後の姿を提案書に盛り込むのが一般的。

働き方改革などで生産性向上が叫ばれる今、提案書は以前よりさらに重要性が高まっている。

解決策とそれによるメリット(定性&定量効果)を提示、それが購入金額に見合うか勘案して検討され、稟議のハンコをつく全員が納得する内容でなければ決済はされない。

f:id:anno1532:20180325002435p:plain
私がまだ若手の頃、会議に10分遅刻して上司を含む数名を待たせてしまったことがあった。その時先輩に、この高い人件費@〇円の人たち×〇名×無駄な10分がいくら分に相当するか考えたことがあるか!と怒られたことを今でもよく覚えている。

国会議員ひとりあたりの時間単価がいくらに相当するのか知らないけれど、その原資は税金

もちろん国は民間企業とは違う。国会の議論の世界で、それが国益に値するかどうかを生産性だけでは決められない。

でも果たして、モリカケ等で1年以上延々とやっている内容が、その出席人数×時間×ひとりあたり単価をかけた結果の膨大な金額換算に見合う議論なのか否かという観点で一度レビューしてみてほしい。(誰か金額出してみてくれないかな)

国会の場だけではなく、個別ミーティングやそれに類する行動時間も含めれば、さらに膨大な人件費分を、社会保障費に使えていたら? 何かを導入する費用に充てられていたら?

議員の人数は減らせないし、費用は流用できないとか言うなら、その時間を、もっと検討しなければならない他の議論に充てられていたら、他の効果や利益を生み出せていたかもしれない。

f:id:anno1532:20180325002406p:plain

そもそもね、中央官庁レベルなら稟議決済システム・文書管理システム、その類のものはとっくに導入されているはず。そしたらアクセス履歴などすぐわかる。それなりの複合機なら出力やコピーの履歴もすぐ確認できる。まずはログで、誰がいつ何の操作を行ったか現状を確認した上で、そこから議論を始めなければ時間の無駄。

でも実はそんなことはとっくに調べはついているのかもしれない。その上で悪魔の証明求めてさらに時間(=コスト)使おうなんて、費用対効果に全く見合わない、そんな提案は企業なら確実に却下!よ。

あんのでした。

働く私の神家電2「拭き掃除ロボット」。花粉・埃アレルギーには神!床もピカピカ

春!暖かく陽光が降り注ぎ、桜が咲き、幸せな気分の季節…のはず。だけど花粉症や、そうでなくても埃っぽくて、肌には負担な季節。私もスギ花粉じゃなさそうだけれど、何かのアレルギーで、顔や目がかゆい。ひどいと瞼が腫れあがるほどで、本当に悩まされる。

以前「働く私の神家電、ドラム式自動洗濯乾燥機」で書いた通り、今も洗濯機が大活躍中。

梅雨・ゲリラ豪雨・台風・雪の季節に外干しせずに済むし、細かいチリ埃は洗濯機が吸い取ってくれるから、この春も威力を発揮中!(結局一年中ですね)

そんな我が家に去年もうひとつ、神家電が増えました!

アイロボット社の床拭きロボット

小さいのに一生懸命働く姿がいとおしい感じ。フル充電していればかなり長時間、せっせと拭き掃除してくれる。

普通のお掃除ロボットのスーッとした動きと異なり、ちょっと左前に進んだら少し戻り、今度は右前に進んではまた戻り、くるくる回転、時々直進、といった「拭く」動作で徐々に進むので、結構集中的にしつこく拭いてくれて、フローリングが結構ピカピカになりますよ。

f:id:anno1532:20180318120702j:plainf:id:anno1532:20180318122926j:plain

ただ、壁や障害物にバンパーがぶつかってもめげずに何度も果敢に挑んだり(相手が動かないとあきらめて方向変える)、時々、床とカーペットのわずかな段差に入り込んで出れずにもがいたり、ちょっとおバカ。だけどそんな姿も愛らしい。

またルンバみたいに自動充電しに戻る知恵はなく、終了時には、最初に置いた地点付近に帰ってきてそこでじーっとお母さんが迎えにくるまで待っている姿にまたキュンとする。(親バカか!)

動作音は擦る音ぐらいで静かだから夜でもOKだけど、例の壁などにゴツンとぶち当たる音で、違う意味でやっぱり夜中はだめかも…

それと、床拭いて汚れたクロスを水洗いして干すのが手間だし、何となく嫌じゃない?私にとって加点ポイントだったのは、クロスじゃなくても市販の使い捨てシートクイックルワイパー取り換えシートウエット用の類)でOKなこと。むしろその方が汚れがとれる。終わったらはずしてゴミ箱へポイ、終了

部屋中からシートのほのかないい香り。シートは結構汚れていて、これがアレルギー源かもしれないと思うと、妙な感動を覚える。

さすがに、頑固なシミのような長年の汚れはもうとれない。あー、入居当初からこれがあったらなーと、つくづく思う。

4月やGWに転居予定のあなたには絶対お薦めです!

あんのでした。