働くデフレーゼ!女性目線のマーケティング

デフレ時代を賢く生きたい生活者として、長年企業で働く女性として、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴っていきます

おひとりさまスーパーマーケット、健康と孤独解消を売る!(2)大人の給食サービス

(前回)すでに日本は半数以上が二人以下世帯。だったらこんなスーパーがあってもいいんじゃない?→ おひとりさまスーパーマーケット、健康と孤独解消を売る!(1)

自分だけだとどうしても栄養バランスが偏りがちになってしまう毎日の食事。

つい自分の好きなものばかり選んでしまうし、色々な食材を買い揃えて料理するのも大変…。だから、健康やダイエットにつながる、「おひとりさまスーパー」による「大人の給食」サービスなんてどうでしょう?

好き嫌い食物アレルギーなどを事前登録しておくと、栄養バランスを考慮して日替わりでおまかせ弁当を提供してくれるサービス。

1食1食が栄養バランスばっちり弁当というわけではなく(毎回それだと多分飽きる)、「あんのさんは、昨日は肉がっつりだったから、今日は野菜と海藻を多め、それと青魚は苦手(アレルギー)だから白身魚のムニエルで…。」みたいな調子で、1週間単位ぐらいでバランスとれてればよしとする献立(病院食じゃないからね)。

良くないとわかっていても、自分だけだと「肉肉野菜肉肉…」みたいになっちゃう人、結構いません?自分の好き嫌いは勘案してくれながらも(だから食べられないものは出てこない)多少強制的に健康に導いてくれる。

独り暮らしや、二人でも食事を作る側って、自分の好きにできる反面、全部わかっているから「今日は何だろう?」というワクワク感や意外性がない。自分じゃチョイスしない食材や味との新しい出会いも歳と共にどんどん減ってきがち(新たなチャレンジしなくなってくるので)。

それをスーパーが多少補ってくれるなら試してみようかな。

何しろ食材は何でも揃っているスーパー。惣菜用に店内調理設備も整っている。急速に惣菜・中食市場に進出してきているコンビニと戦っていくために、スーパーならではの強みを活かした付加価値を提供していくべきでは?

これ、別にスーパーじゃなくても、お弁当屋さんレストランでも、やろうと思えば自前でできるし、ドラッグストア宅配弁当などと提携したらできるかも。サプリや医薬品も含め、一人ひとりの体質・体調に合わせた総合的な健康サービスとして広げていけそう…。
f:id:anno1532:20170625194056p:plain

駅やその近くにある「おひとり様スーパー」なら、事前予約&支払い済の「大人の給食」サービスは、毎朝夕の通勤時に立ち寄って、ランチや夕食のお弁当をピックアップできる。渡すだけだなら開店時間内でなくてもいいし、冷蔵コインロッカー宅配ボックスがわりに受け渡しすれば無人でもサービスは提供できる。

残業帰り、スーパーが閉まってる時間帯でも、これがあれば心強い!

開店時間内なら、「大人の給食」を含め、この店で買ったものはイートインスペースで食べられる。家ではなく、スーパー内中食化をすすめればいい。

帰って一人で家で食べるより、知らない人でも誰かいる環境で、暖かい(冷たい)うちに食べられ、ゴミもそこで始末できるから家に溜めずに済む。単に食べられる場所というより、ゆったり座ってくつろげる環境重視のスペースづくりを。

でも、「居心地良いから」「暇だから」と、買わずに長時間居座る(寝る)人の占領を防ぐために、このスペースは囲って有料会員性にするか、その日発行の一定額以上のレシートが入室チケットになるなどできちんと管理した方がいい。無料だと一定の質を保ったサービスの継続が困難になっていくから…。

こんな、既存スーパーのイメージを破る、新形態の「おひとりさまスーパー」。検討を期待しています!

あんのでした。

おひとりさまスーパーマーケット、健康と孤独解消を売る!(1)

総務省統計局データによると、すでに日本世帯の3分の1以上が一人暮らし!となっている。(単独世帯34.6%、H27年全国平均)15年間で7ポイントも増加していて、この先さらに加速していくでしょう。

だったらもう、おひとりさま特化型スーパー があってもいいんじゃない?

今までも、この層を視野に入れた品揃えを、という動きはあったと思うけれど、視野とか充実レベルじゃなくて、もうど真ん中、丸ごと「この単独世帯がターゲット」というスーパーが登場してもいいと思う。

単独世帯と同様の需要がある、共働き夫婦高齢夫婦世帯も、このスーパーのターゲット。

夫婦のみ世帯20.1%を含むと日本はもう、半数以上の世帯が二人以下暮らしなのに、スーパーってまだ何となく、「3~4人家族」「買い物するのは主婦」ってイメージで店づくりしていないだろうか。

f:id:anno1532:20170625191811p:plain
「おひとりさまスーパー」では、野菜や果物を全て1個・1本、葉物はひと掴みから、大物は1/4、1/8のように小分けで買える。キノコ類も、しいたけ1本、エリンギと舞茸としめじも1株ずつ、みたいにバラでOK。魚の切り身1枚、タラコ・明太子はひと腹から、肉や刺身も1人前パックが基本。

そうそう、なぜ、もずくやめかぶなどのミニパックは3個セットなの?(子供ひとりの3人家族想定で?)当然これらも1個ずつ買える。

何でも1食で食べ切れる単位で買えるから、食べきれず生ごみにしてしまい、もったいないと罪悪感に苛まれるストレスからも解放されそう。(毎日は料理できない人も多いのだから)

調味料も、家庭用丸々1本なんて賞味期限内に絶対使い切れない。小さめのものでもまだ多過ぎる。

今100円ショップで、ケチャップ、マヨネーズなどの1回使い切り型ミニパック(数本セット)がお弁当用として売っている。あの形態でお酢、みりん、料理酒、豆板醤、各オイルなど各種揃っているとすごく便利。余らせないのと同時に、使う都度開封するので新鮮、というのもかなりポイント高い。調味料置き場のスペースも大きく減らせる

今のスーパーは基本的に、分量が多いとお得な価格で、少量だと割高になってしまう。この従来のプライシングの考え方も、おひとり様スーパーでは変えてもらう必要がある。

料理用食材だけでなく、総菜・出来合いコーナーはさらなる充実をお願いしたいところ。

ただ、自分だけだとどうしても栄養バランスが偏りがちになってしまう。つい好きな総菜や出来合いものばかり選んでしまうから、健康管理やダイエットが少し気になる人のために、スーパーによる、新しい「大人の給食」サービスを提案します!

これを書くと長くなるので続きは次回で!

あんのでした。

「タケモトピアノ」と「ヤマハ」が儲かる、日本の家庭に眠るもの

今のミドルシニア世代が小学生だった頃、習いごとのトップはピアノだった。
特に女子は、クラスの大半といってもいいほど多くの子がピアノを習っていた。

親が無理やりお稽古に通わせていたケースも多かったので、そういう子たちは練習も嫌々で、教本のバイエルからブルグミュラーぐらいまでの間で大半がリタイア。ツェルニーソナチネあたりまでいけば結構たいしたものだった。
(今も同じなのかな…?)

子供たちが音楽室で勝手に得意気に弾く2大ピアノ曲といえば、

ひとつは「猫ふんじゃった

曲やリズムが面白く、簡単なわりには黒鍵使いが多くてまるで難しい曲を弾いてる感じがするし、おまけに途中で左右の手を交差するという大技(!)があるから、子供心に超格好良い自分に酔ってドヤ顔しながら弾いていたものだ。

そして何度も何度も繰り返しながらどんどん速く、親の仇みたいにやたら速く弾こうとするのも皆同じだった。(こういう調子に乗るのはたいてい男子)

もうひとつは「エリーゼのために

とても美しくエレガントな曲。エリーゼって誰か知らないけど何かとても少女心をくすぐる♪(この作曲者であるベートーベンが愛した人だとか、そんなこと子供は知らない。)恰好つけて手首を大きくしならせながら、少し難しいこんな曲を弾いてる私って素敵女子!な気分になれた。
f:id:anno1532:20170629170321p:plain
そんな子供たちもいつしかピアノを弾かなくなり、その存在すら忘れ、蓋を閉めたまま何十年も、実家のリビングやかつての子供部屋で埃をかぶって、飾りや色々な物の置き場と化している。

当時は電子ピアノはなく、木材でできた大きく重い黒いピアノ。家庭用のアップライトピアノでも200~300Kg、グランドピアノになれば400Kgするものもある。だからちょっとやそっとでは動かせず、結局そのままになっている。

でも当時のピアノは、かなり質の良い木材を使い国内で製造されていて、30数年前の方が今よりも物が良いとも言われる。(もちろん傷み具合など個々によるけれど)

今ピアノは中国など海外需要が伸びていて、Made in Japanの黒いピアノは大人気。輸出は増加傾向でみんな出て行ってしまうから、逆に日本国内では特に人気のヤマハの1970~1980年製の在庫が不足しているらしい。

まさにこのお宝、日本中の家庭にひっそりと眠っているのにね。

財津一郎が「ピアノ売って頂戴~♪」と歌う、よく見る気になるCMでおなじみの「タケモトピアノ」とは一体何ぞ?と思っていたけれど、つまり、こういった家庭で使われなくなった中古ピアノを安く買い取り(運んでくもくれる)、メンテナンスして海外50か国に売っているビジネスモデルだった。だから儲かるわけだ。

下記で、6台のライブカメラでピアノ修理の様子などを映してくれていますよ

さらに、ヤマハは最近、大人の音楽教室にも力を入れてきている。

子供の頃ちょっとかじった楽器、もっとちゃんと習っておけばよかった、という後悔と懐かしさの記憶と共に、少し時間の余裕のできたこの世代が、もう一度ちょっと習ってみようかな…とふと考える。

少子高齢化でピアノを習う子供の数自体が減っている今、数十年前の子供を取り込もうとしているヤマハ(カワイも)の戦略はいいところに目をつけたと思う。

私も仕事リタイアしたら、ちょっと行ってみたいかも…

あんのでした。

カサは必要な都度借りて使う。鉄道会社のお荷物をお宝に

以前、海外ブランド傘や、ちょっと洒落た傘など、少しお高い傘を使っていた時代がある。
でもそういったお気に入りの傘に限って、うっかり電車かどこかに置き忘れてそのまま失くしてしまったり、たった1~2度使っただけなのに、突風に煽られ空しく折れてしまって大ショック!
などというのが続いて、残念で、もったいなくて、傘の骨だけでなく心もちょっと折れた。

傘のさし方に考えが無さすぎるんだと家族に指摘されたけれど、濡れないように歩いている最中にそんな計算できなくて、突風や、高層ビル付近で横や斜め下から回り込んでくるような、強いビル風の前ではひとたまりもなかった。

ということで、その後はもっぱらリーズナブルな傘を使用するようになっていった。

さすがにビニール傘はほとんど使わないけれど(前が見えるからかなり便利だけれど…)、最近は割と安めの傘でも、結構しっかりしていてかつファショナブルで、かなりお得感のあるものが増え、デフレーゼとしてもうれしい。

そういう気軽に買える背景もあってか、日本の傘の年間消費量は約1億5,000万本だというから驚き!日本の人口が約1億2,700万人だから、毎年総人口以上の傘が購入されている計算になる。

案の定、電車や駅での傘の忘れ物の数も半端ない
電鉄会社たった1社でも年間数万本単位、JR東日本で年間30万本近くの傘の忘れ物があるそうで(鉄道会社全部たしたら100万本近く!?)、なのにその返却率はたった10~15%程度でしかないらしい。

しばらくの間は保管してくれるけれど、その整理や保管の労力と場所の確保は、想像するだけでもとても大変そうだし、8割以上取りにこない大量の傘は結局は捨てられてしまう
f:id:anno1532:20170624173248p:plain
だったら駅の改札近辺にでも「自由にどうぞ傘置き場」を設けて、そういう捨てる傘をたくさん置いておけばいいんじゃないかと、随分前から考えていた。おそらく多くの人が一度は考えそうなこと。

電車を降りたら雨。そんな時、置き場から勝手に好きな傘を持って行っていい
出先から駅に戻ってきた時、家に持って帰ったその翌日もしくは次に雨が降った日、さしてきた傘を置き場に戻し、電車内は身軽で乗る。改札内に傘を持ち込まない、これがポイント。

揺れる電車で、カバンとつり革を持ったうえさらに傘を持つのは結構邪魔だし、濡れた傘を持った満員電車ほど嫌なものはないけれど、これがなくなる。そして降りた駅でまた借りる。

以前から、貸し傘のシステムがあった所もあるようだけれど、ほとんど返却されないから結局どこもやめてしまったという。

じゃあ、返却を義務化しなければどう?

貸し傘のためにマークをつけたり、割ときれいなものを揃えるといった準備をしたり、そういった手間なことは一切せず(コストはかけず)、ブランド傘もビニ傘もそのまま玉石混合で放出。

だから良い傘はあっという間になくなってしまうかも。でもいいの。「返却しなくても別にいいよ、だってどうせ捨ててしまう80万本だもの。その手間省けてよかった。」ぐらい大らかなわけにはいきませんかね?

かといって壊れた傘ばかりのゴミ捨て場みたいにならないようにする必要はあるから、置き場には改札同様のゲートがあり、防犯カメラと、定期や記名式ICカードで、ピッと出入りを記録する。(だからそれを持っていない人は無料でも借りられない仕組み)

こういったことを一部の駅の好意ではなく全駅で徹底して実施していったら、基本的に"自分の傘"は必要なくなり、傘というものは、"必要な都度借りて使うもの"、 "傘シェアリング"という概念に変わる。さらに推し進めていけば、邪魔なお荷物だった忘れ傘が鉄道会社の新たな収入源に昇華できそう(商品仕入れコスト不要だものね)。

まあ、昔の自分のようにお気に入りの洒落た傘にこだわる人は利用しないでしょうし、駅売店やコンビニは大反対するでしょうけれどね!

あんのでした。

30数年後も、毎日5階まで階段を上り下りできると思っていたの?

高度成長期後、マイホームを夢見て働き続け、やっと団地やマンションを手に入れた世代が、後期高齢者となった今もまだそのまま住んでいる。

子供たちはすでに中年期。実家とは遠く離れて、自分の家族と暮らしている。
時々遊びに来ていた孫たちもすっかり大人になって、もう祖父母の家にはほとんど寄りつかない。

購入時は最も人気があり価格の高かった上層階から順に空き家になっている。
(低中層建築物のため4~6階が最上階)

この時代はまだエレベーターの設置が義務化されていなかった

国土交通省資料によると、4~5階建マンションにおけるエレベーターは、
1971~1980年までで12%、その後1990年でもたった34%しか設置されていないという。

愛着深い我が家を手放したくはないし、環境を変えるのは大変、資金的にも今さら引っ越せない。
そうして時が経ち、ほとんど高齢者ばかりになってしまった低中層マンション。

足腰が弱り、骨折や痛みや病気を抱え、それでも杖をつきながら、時間をかけて、痛みをこらえつつおぼつかない足取りで4~5階分の階段を上り下りしてやっと外出する。

それでもまだひとりで歩ければいい方で、介助が必要だとそう簡単に家からも出られない。
f:id:anno1532:20170613004806p:plain
築年がかさみ、建物に様々な問題点が出てきても、全面的な建て替えや、大規模改修したくても資金的に困難で、実際にはできていないところがおそらく多いと思う。

せめてこういった建物に、昇降機(エレベーター)をつけられないものだろうか?
外階段の改築だけで済む、一人乗り用でもいいから簡易な昇降機がつけられたら…。
もしくはレンタル建機の昇降機を、そういうマンション用に利用できないだろうか。

そうすれば、少しは通院や買い物のための外出が楽になるだろうし、
住人だけではなく、重い荷物を配達する業者や、介護者にとっても助かるはず。

でもその財源はどうする? 住人の年金から? 税金から?

30数年前、宮城県沖地震(M7.4)の教訓から新耐震基準が設けられたのは有意義だったけれど、階段がないことで後にこうなることは全く予想していなかったのだろうか?

おりしもマンションブームとバブル経済に沸いていた日本は強気で、どんどん新しく建て替えればいいじゃない!みたいに軽く思っていたのだろうか。でも、1991年にバブルが崩壊した。

あんのでした。

VRで、遊園地からジェットコースターがなくなる?

遊園地やエンターテーメント施設は今後、VR(バーチャルリアリティの登場によってずいぶんと変わってしまうだろう。ほとんどリアルといえるような疑似体験ができるようになっていくのだから。

NTTが、VRによるバンジージャンプなどを想定した、娯楽サービス向けシステム技術を遊園地や劇場などに販売するという記事がでたけれど、

VR、遊園地や劇場に販売方針…NTT社長 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

今後VRが進化していけば、もうジェットコースターなど絶叫マシン(実物)は存在しなくなるかも。
人は室内で椅子に固定され、その椅子が上下左右に動き、その動きに伴い変化するVRな景色と、横Gや風圧を同時に体験できれば、乗っているのと同じだから…
(もしかしたら椅子が動く必要すらないのかもしれない)
f:id:anno1532:20170612210915p:plain
そうなっていけば、遊園地や娯楽施設に巨大な遊戯機器の設備投資は不要になる。
だから広大な敷地(土地)もいらない
遊戯機器の保守メンテナンス費用も、それを毎日行う人件費も不要になる。

その分、より精密な動きが必要なVRシステム(ハード・ソフト)と、その保守費用に巨額な予算が費やされることになる。

VRだから、怪我をするような事故のリスクは軽減されるし、入園者数も天候に左右されなくなり、施設運営も安定する。施設賠償に係る保険も変わるだろう。

今の施設で言えば、例えば富士急ハイランドというよりは、ジョイポリスの進化版みたいなものになっていくのかもしれない。(セガサミーは今年、赤字のジョイポリスを香港企業に売却してしまったそうだけれど…)

ハウステンボスや他施設でも徐々にVRアトラクションが増えてきているけれど、今後、リアルとバーチャルのエンターテーメント融合が生き残りの鍵になるのだろう。

VR技術もどんどん進化していき、よりリアルに体感できるようになれば(もちろん酔わない技術は必須)、今まで現実的には無理だった、人が空を飛んだり、宇宙に行ったり今まで体感したことのないことも簡単にできてしまうのだろう。

以前観たSF映画の世界に、現実がどんどん近づいていく

ただ、明るい太陽の下、家族やカップル、学生たちなどで賑わう楽しげな遊園地の雰囲気。轟音と共に頭上高くから落下するジェットコースターと、乗客のキャーッという叫び声を、地上でソフトクリームを食べながら笑って見上げている、ほのぼのとしたあの感じ、あのリアルな遊園地がなくなってしまうのは少しさびしい気もする…

あ…でもその感じすら、この先VRで作り出されていくのかもしれない…。
「現実」って何なのか、わからなくなってしまうのだろうか

 あんのでした。

子供たちが、身に着けておくといいこと

子供たちよ、毎日椅子取りゲームをして遊びなさい。
満員電車でたまたま空いた席をすばやく見つけ、その瞬間に座れる俊敏さを身に着けておくといい。

子供たちよ、毎日鉄棒で斜め懸垂をして遊びなさい。
満員電車で、つり革を持った体が怒涛の勢いの人々に押されて、体は斜めになりながらも握った手は絶対放さない、握力と背筋や腕の筋力を身に着けておくといい。

子供たちよ、毎日おしくらまんじゅうをして遊びなさい。
満員電車で、何もつかまるものがない状態でもみくちゃになっても、倒れない踏ん張る力とバランス力を身に着けておくといい。

でも子供たちよ、
電車で席に座りたいなんて思わない、ラッシュなんてたいしたこともない体力強いメンタルを身に着けておく方がもっといい。

f:id:anno1532:20170604141853p:plain
ただ…君たちが社会人になる2030年前後には、きっともう「ラッシュ」なんて存在していないね。

その頃には、今みたいに朝夕電車で通勤するような形態ではなくなっているだろうし、

日本の生産年齢人口は、すでに1995年のピークから減少していて、この先も減少の一途をたどる

一昨日も、さらに少子化が進んでいるというニュース。
去年の出生率1.44 出生数初めて100万人下回る | NHKニュース

子供たちよ、ラッシュはなくなっても、将来、どんな状況下でも、強く生きていくための、健康体力強いメンタルはやはり身に着けておくといい。
そう、それが一番。

 

あんのでした。