働くデフレーゼ!女性目線のマーケティング

デフレ時代を賢く生きたい生活者として、長年企業で働く女性として、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴っていきます

働く私の神家電、ドラム式自動洗濯乾燥機

現代の家電「三種の神器」とは、ロボット掃除機、食洗機、全自動洗濯乾燥機、の3つのことらしい。 前2つは持っていないけれど、働く女性として、私が最も助かっているのはドラム式全自動洗濯乾燥機! 朝、予約セッティングして、仕事から帰ってきた時にはで…

ビル解体をエンタメ化。通行人が避けて通る場所から、観に行く場所に。

日本の建築・建設技術というのは本当にすごいなー、と素人ながらに感嘆することが多い。免震・耐震技術、暮らしを快適にする技術…日々進化している。 建設と言うと、建てていく方につい目がいきがちだけれど、実は、ビルなど建築物の解体技術、これがまた世…

「経費削減!」「働き方改革!」社内ポスターって、どれだけの効果があるの?

ふと社内を見渡すと、あちらこちらに様々なポスターが貼ってある。普段、目には入っているのだろうけれど、風景の一部になっていて、改めて意識して見てはいないことに気づいた。 ポスターの目的は、認知させる・記憶に残すといったものだけれど、実際には一…

道路渋滞をなくせば、消費税なんていらなくなるんじゃない?

◆ 今年もお盆休みの高速道路渋滞のニュースが流れている 「お盆渋滞」って、俳句の夏の季語に昇格させてもいいのではないかと思うほど、毎年同じニュースが飽きもせず繰り返され、高速下り渋滞60Km表示と、どこまでも続く車列の空撮映像がTVで流れている。 …

AI(人工知能)の時代だから、ラジオ復権の予感。テレビはうかうかしてられない?

TVのライバルは、スマホや動画サイトだと言われて久しい。 今はさらに、AbemaTVなど無料のネットTVや、Amazonプライムの映画見放題オンデマンドサービスなど、テレビ番組の競合が一層増えてきている。 けれどここにきて、もしかして、ちょっと「ラジオ」に戻…

オフィスに自由に出入りできなくなったから、IoTを送り込む

オフィスのドアの外、廊下の壁際にスーツ姿の女性がずっと何時間も立っている。ドアを出入りする人皆に「お疲れ様です」と笑顔で会釈しながら声をかけている。 最初何なのかよくわからなかったが、後にようやくそれが生命保険の勧誘員だということに気づいた…

東京五輪まであと3年。明日、テレワーク・デイというのをやってみます

3年後の明日、2020年7月24日は、東京オリンピック・パラリンピックの開会式。3年を切ると、いよいよ近づいてきた感じがしてくる。 そのため明日は、交通機関や道路が混雑する朝、一斉に時差通勤や在宅勤務などのテレワークを行うことで混雑回避を狙う「テレ…

おひとりさまスーパーマーケット、健康と孤独解消を売る!(2)大人の給食サービス

(前回)すでに日本は半数以上が二人以下世帯。だったらこんなスーパーがあってもいいんじゃない?→ おひとりさまスーパーマーケット、健康と孤独解消を売る!(1) 自分だけだとどうしても栄養バランスが偏りがちになってしまう毎日の食事。 つい自分の好…

おひとりさまスーパーマーケット、健康と孤独解消を売る!(1)

総務省統計局データによると、すでに日本世帯の3分の1以上が一人暮らし!となっている。(単独世帯34.6%、H27年全国平均)15年間で7ポイントも増加していて、この先さらに加速していくでしょう。 だったらもう、おひとりさま特化型スーパー があってもいいん…

「タケモトピアノ」と「ヤマハ」が儲かる、日本の家庭に眠るもの

今のミドルシニア世代が小学生だった頃、習いごとのトップはピアノだった。特に女子は、クラスの大半といってもいいほど多くの子がピアノを習っていた。 親が無理やりお稽古に通わせていたケースも多かったので、そういう子たちは練習も嫌々で、教本のバイエ…

カサは必要な都度借りて使う。鉄道会社のお荷物をお宝に

以前、海外ブランド傘や、ちょっと洒落た傘など、少しお高い傘を使っていた時代がある。でもそういったお気に入りの傘に限って、うっかり電車かどこかに置き忘れてそのまま失くしてしまったり、たった1~2度使っただけなのに、突風に煽られ空しく折れてしま…

30数年後も、毎日5階まで階段を上り下りできると思っていたの?

高度成長期後、マイホームを夢見て働き続け、やっと団地やマンションを手に入れた世代が、後期高齢者となった今もまだそのまま住んでいる。 子供たちはすでに中年期。実家とは遠く離れて、自分の家族と暮らしている。時々遊びに来ていた孫たちもすっかり大人…

VRで、遊園地からジェットコースターがなくなる?

遊園地やエンターテーメント施設は今後、VR(バーチャルリアリティ)の登場によってずいぶんと変わってしまうだろう。ほとんどリアルといえるような疑似体験ができるようになっていくのだから。 NTTが、VRによるバンジージャンプなどを想定した、娯楽サービ…

子供たちが、身に着けておくといいこと

子供たちよ、毎日椅子取りゲームをして遊びなさい。満員電車でたまたま空いた席をすばやく見つけ、その瞬間に座れる俊敏さを身に着けておくといい。子供たちよ、毎日鉄棒で斜め懸垂をして遊びなさい。満員電車で、つり革を持った体が怒涛の勢いの人々に押さ…

業務用食品機械を、自分で操作する付加価値サービス

この数年、スーパーなどに様々な種類のカット野菜がどんどん充実してきている。 サラダ用だけでなく、野菜炒め用、カレー用、豚汁用、青椒肉絲用、BBQ(焼き野菜)セット、他にもいろいろとあって、「へぇー、今はこんなのあるんだ。」と感心しながら眺めて…

ポケモンGOにハマった中高年をうろうろさせる、新しい仕掛け

もうあまり話題にのぼらなくなったけれど、去年の夏「ポケモンGO」が爆発的に流行った。社会現象にもなったこのゲームは、VR技術とゲームを融合した斬新さや、海外でのブレイクも注目を集めたけれど、今までスマホでゲームをやらなかった中高年まで皆こぞっ…

エスカレーターで、一段おきに乗らなくてはならない理由

通勤ラッシュ時、電車がホームに着くたびに大量の乗降客が一斉に移動する。改札や乗り換えなどで、ホームからエスカレーターに乗るために並ぶ人で長蛇の列ができる。高速道路の合流のように急にスペースが狭まるから、当然混雑してのろのろ行列になる。 人の…

電車でも街でも、リュックの新スタイル

通勤電車の、混雑ピークは過ぎたけれど、でもまだ少し混んでいる時間帯に、小学校中学年ぐらいの子供たちの団体が乗り込んできた。 その瞬間目をひいたのが、全員、リュック(ディパック)を背中側ではなく、体の前側に背負って(しょって)いた光景だった。…

リサイクルショップがメルカリに負けないためにできること

以前、クローゼットの整理をした際、不要な衣類を捨てるのはしのびなくて、洋服のリサイクルショップに売りに行ったことがある。 いかにも着古したようなものは最初から出すのは遠慮し、買ったのは何年か前だけれど、結局着なかった新古品や、1~2度着た程度…

肩こり首こり解消・改善マットレス(布団)

多くの女性が日々悩む 肩こり・首こり。私も長年本当に悩まされ続けてきた。 それこそ様々なツボ押しやら肩こり解消グッズやらを試したり、マッサージ屋に通ったり、コリに効くという体操をしばらく続けてみたり… ある時、家電量販店で40万円近くもする高級…

ランチやティータイムは、回転ビュッフェ

好きなものを自由に好きな分量だけ食べられるバイキングやビュッフェを見ると、何かちょっとテンションが上がる。 たとえ自分は食べないようなものがあっても、色とりどりの様々な料理が、ずらっと並んでいるのを見るだけで何だかうれしい。 自分をはじめ多…

業界みんなで荷物、運べないかな?

ネット通販などの急増による、宅配便問題 が連日報道されている。 宅配ボックスの設置費用を政府が補助する助成金制度もこの4月から始まったはずだから、駅や商業施設など公共の場に、宅配ボックスを設置する動きが徐々に広がっていくと思うけれど、多分、マ…

連休明け前夜に、渋滞・遅延しない近未来を夢見る(イーロン・マスク氏の野望)

明日は連休明け、それも月曜日! 一斉に通勤・通学の人が戻ってきた電車は混雑し、そしてまたきっとあちらこちらで遅延するのだろう。いきなり朝から、いつもの日常を突きつけられ、お休みでぼけっとしていた気分も一瞬で吹っ飛ぶのだろう。 連休明けでなく…

回転寿司でなぜか回っていないもの

もう10年以上も前になるか、当時「先進的な試みをしている回転寿司がある」とTV番組で紹介しているのを観て興味をそそられ、初めて「くら寿司」に行ってみた。 これは寿司?と思うようなネタや、ファミレスにあるようなサイドメニューに驚いたり、レーンの様…

正しく歩ける、大人のぴよぴよサンダル

以前、靴選びに苦労していると書いたけれど、 合わない靴を履き続けると、歩き方も悪くなり、骨格や体調にまで悪影響を与えてしまうという。 できれば気をつけて歩きたい。でも気にはなっても、自分が正しく歩けているかどうか自分ではよくわからないもの。 …

引っ張るのって疲れない?お洒落な買い物カートがほしい

今のシーズンよく見かけるキャリーバッグ。スーツケースより一回り小振りの、旅行や出張などで引っ張ってコロコロ転がしながら歩くあれ。 私もたまに使うけれど、そのたびいつも少し不便を感じる。 なんだか、きちんと思うように自分についてきてくれないこ…

1枚の写真の「色」から、年齢層がわかる!?

セミナー会場やイベント会場で人が大勢集まっているとき、その人々はだいたいどんな年齢層なのか、マーケティング的に知りたい場合、 その会場にいれば周囲の人の顔が見えるから、だいたいの傾向は判断つくけれど、そうではない場合、個々人のプライバシーを…

お風呂掃除は、国策だ!

アイロボットのルンバを皮切りに、各社から次々とお掃除ロボットが出てきて、おそらく機能もどんどん向上しているのだろうと思うけれど、(買っていないのでその便利さを享受していないけれど) それで、お風呂版お掃除ロボットはまだですか? (清掃機能の…

GWのデパートに行きたい?

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」 ゴールデンウィーク(GW)。特に旅行の予定もなく、激混みの行楽地にも近寄りたくない。 毎日フルで働いている身としては、普段なかなかできない家のこともやらなければならないのだけれど、せっかくの休暇、近場で何…

渡したくないの?ティッシュ配りのバイト君

学生時代によくチラシやティッシュ配りのバイトをした。 大きな段ボールいっぱいのノルマを課せられ、社員の人に「時々こっそり見回りに来るからしっかりやって。」と送り出された。 全部配れば帰れるので、とにかく受け取ってほしくて必死に声をあげ、道行…