読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くデフレーゼ!女性目線のマーケティング

デフレ時代を賢く生きたい生活者として、長年企業で働く女性として、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴っていきます

足の痛くならないストッキング

靴選びはいつも苦労する。

幅広の変な足の形だから、なかなかぴったりサイズで、かつ、

デザインも気に入る靴というものに、滅多にお目にかかれない。

 

本当は、洒落たハイヒールを履いて格好良く歩いてみたいものだけど・・・

そもそもそんな先が細い靴、つま先しか入らないし!

シンデレラの姉 状態…

 

低ヒールのパンプスですら、少し歩いただけで足のあちらこちらが痛くなるし、

すぐ靴ずれをおこして皮膚がめくれるしで、とても無理。

オーダーという手があるのはわかってても、日々、通勤・仕事で使う靴、

1足だけでは足りないし、そこはデフレーゼとして、できるだけ安価にいきたい。

f:id:anno1532:20170401194457p:plain

 

冬の間は、結構着圧の強い厚いタイツを履いていた。

だからタイツの厚みが靴と足の間にできてしまう空間を少し埋めてくれ、
緩衝材がわりにもなって、少し楽で助かっていたのだけれど、

 

が来て、

春の柔らかい空気と重い足元はもうアンバランス。薄手のストッキングの季節です。

 

だから、
足先だけタイツ あったらいいのに。

つまり靴と接する、指先からくるぶしまでの部分だけ緩衝作用のあるストッキング。

蒸れない素材で、見た目も変じゃない、痛くないストッキング。お願いします! 

あ、もちろんお手頃価格でね。

 

あんのでした。