読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くデフレーゼ!女性目線のマーケティング

デフレ時代を賢く生きたい生活者として、長年企業で働く女性として、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴っていきます

新幹線内で買いたくなる工夫

新幹線の車内販売員(新幹線パーサー)が、ワゴンで飲食物を売りに来た。

「何とか名物××はいかがですか?」と、手に掲げているようだけれど、
その位置があまり高くないため、窓際の座席からは、前方のシートに遮られ見えなかった。

まして押しているワゴンに何があるのかは全くわからない。たとえ真横に来ても、窓際だと隣に他人(多くの確率で男性)が座っていて、のぞき込むようなことはしづらい。

「何売ってるのかぐらい、常識的にだいたいわかるでしょう」とおっしゃいますな。
品揃えや価格を把握しているほど新幹線通なわけでもない。

まあ一般的に、何かのサンドイッチや何かの弁当、何かのお茶やジュースなどがあるのだろうとは思っても、具体的に××弁当があるのか、××という銘柄があるのか、それらはいくらなのか、までは、聞いてみないとわからない。

でも、窓際席からひとりかふたりの頭を飛び越えて、大きな声でいろいろ聞くのも迷惑だろうし、ちょっと恥ずかしい。

日本人の自分がこうなら、増えている外国人観光客にはもっとハードルが高いはず。

f:id:anno1532:20170416020603p:plain

せっかく売るなら、少しでも売り上げを上げる工夫をもっとすればいいのに、と乗るたびに思う。

別に何もいらないと思っていても、見たら急に欲しくなる。というもの。

おすすめ商品を推すならせめてもっと頭上高く掲げ、遠くからでもわかるよう、写真つきPOP(英訳つき)をワゴンの高い位置につけるとか。

それは狭い通路で危ないからNGというなら、ニュースや天気予報が流れる電光掲示板で、「ただいま、いれたてコーヒー×円、ハムと新鮮レタスのサンドイッチ×円、××弁当残り5品になりました…現在12号車を巡回中…」などと、リアルタイム実況を流すとか。

今日の車販アイテム!みたいな、新幹線に乗らないと食べられない(駅でも売ってない)限定弁当やコラボグッズみたいなものをWebやSNSでPRして話題づくりとか。

そもそもワゴン押して回らなくても、スマホで注文すれば席まで持ってきてくれ、支払いも注文時に完結できるとか・・・

外の景色をぼーっと眺めながら、何かしら新しい売り方があってもいいのに、とか勝手に考える。

ごく短時間で車内清掃やメンテナンスを完璧にこなし、世界でも賞賛されている
新幹線清掃員の活躍が話題なように、
世界に誇れる日本の新幹線スタッフとして、
車内販売の世界でもがんばってほしいです!

 

あんのでした。