働くデフレーゼ!女性目線のマーケティング

デフレ時代を賢く生きたい生活者として、長年企業で働く女性として、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴っていきます

お風呂掃除は、国策だ!

アイロボットのルンバを皮切りに、各社から次々とお掃除ロボットが出てきて、
おそらく機能もどんどん向上しているのだろうと思うけれど、
(買っていないのでその便利さを享受していないけれど)

 

それで、お風呂版お掃除ロボットはまだですか?

(清掃機能のある高価な浴槽ではなく、どんなお風呂でも動き回って洗い掃除してくれるもの)

 

誰でもすぐ考えついて、全国の人から多くの待ち望む声が出ていると思うのだけれど。

私もこれが出たら、きっと買う。

毎日の風呂掃除は意外と大変。年齢が上がるほど、どんどん重労働になってくる。
やりにくいし、疲れるし、かがむとひざや腰が痛い人にはつらい。
ちょっとサボると、すぐカビたりぬめったり、ますます手をつけるのが億劫になる。

掃除が面倒で、シャワーで済ましてしまう人も多くいると聞く。

f:id:anno1532:20170409001414p:plain
普通の部屋に比べればまだ、走行面での障害物は少なく、
割と単純な形の浴槽なら、最初に一度、寸法と形状を自動計測して、
プログラム化すれば規則的に掃除することも可能なはず。

 

ほうっておけば勝手に風呂掃除が終了しているなんて、どれだけうれしいか!

各家庭だけでなく、宿泊施設でも、介護の現場でも、どれだけ楽になって、
どれだけ労働力不足を補えるだろう。

人手不足解消と生産性向上にも結び付くこのお題、国策として官民で取り組んでもいいくらいじゃない!?

電化製品だから水回りはNG? 滑る立体物を登りながらは困難?
今だに商品が出てこないのだから、きっと素人にはわからない相当難しい課題があるのかも…。

でも、なんだかちょっと最近元気のない 日本の電機業界よ!
今こそその実力・底力を見せる時じゃない? 期待して待っています!

 

あんのでした。