働くデフレーゼ!女性目線のマーケティング

デフレ時代を賢く生きたい生活者として、長年企業で働く女性として、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴っていきます

正しく歩ける、大人のぴよぴよサンダル

以前、靴選びに苦労していると書いたけれど、

合わないを履き続けると、歩き方も悪くなり、骨格や体調にまで悪影響を与えてしまうという。

できれば気をつけて歩きたい。
でも気にはなっても、自分が正しく歩けているかどうか自分ではよくわからないもの。

だから、きちんと歩けているのか、重心が変に偏っていないかが簡単にわかる靴があったらいいな。

たとえば、靴か靴の中敷きにいくつかセンサーが仕込んであり、重さを感じると、
音に変換されるようになっている。だから歩くと音が奏でられる、いわば

大人の、ぴよぴよサンダル!

f:id:anno1532:20170502220643p:plain

子供のぴよぴよサンダルと異なって常に同じ音がするのではなく、
重心のかかった場所によって異なる音が出るようになっている。

だから、まっすぐ正しく歩けていたら、その変換音は快い音程となって聞こえる。
できれば、ちょっとした美しいメロディーラインになっていたら、より一層わかりやすいことでしょう。

そうでなく、重心が偏っていたり、スムーズに体重移動が行われていないと、変な音程で聞こえてしまう。

問題点抽出のための「見える化」ならぬ「聞こえる化」。

「あ、また外側に重心かかってる。」とか、音のパタンで、自分の歩き方の癖がわかるようになる。

これを聞きながら歩けば、きれいな音程になるよう意識して歩き方を変えていくのに役立つと思うのだけれど。

さすがに大の大人が、足元ピヨピヨいわせながら歩いていたらちょっと恥ずかしいので、
そこは Bluetoothイヤホンで、自分だけこっそり聴けるようにしておいてくださいね。

 

あんのでした。