働くデフレーゼ!女性目線のマーケティング

デフレ時代を賢く生きたい生活者として、長年企業で働く女性として、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴っていきます

エスカレーターで、一段おきに乗らなくてはならない理由

通勤ラッシュ時、電車がホームに着くたびに大量の乗降客が一斉に移動する。
改札や乗り換えなどで、ホームからエスカレーターに乗るために並ぶ人で長蛇の列ができる。
高速道路の合流のように急にスペースが狭まるから、当然混雑してのろのろ行列になる。

人の多さでホーム上の少し先すら見えない。エスカレーターや階段のスタート位置もごく近づくまで正確にわからないから、ただその混雑の中に身をまかせるしかない。

エスカレーターの片側は歩く人用になっているのが、すでに既成事実。
電鉄会社や製造元メーカーは、エスカレーターは本来立ち止まって使用するようにできていて、危険だから歩くのはやめるように呼びかけているけれど、時間的にも気持ち的にも余裕がない朝のあの状況で、止まって並ぶことを強制するのはほぼ不可能に近い。

ところがもう片方の、立ち止まって乗っている側(本来の正しい乗り方)は、どんなに混んでいても皆、基本的に一段(ステップ)あけて乗っている
前の人が乗ったら段分見送って次の段に乗るので全員が一段おきになっている。

これでは、想定されている輸送能力を半減させているわけだから、こちらの列は当然、エスカレーターに乗るまでの時間がさらにかかり行列も長くなる。

それでもなぜ前をあけて乗るのか?

理由はいくつもある。まず、

段をあけず前の人のすぐ後ろに立てば感覚的にわかるけれど、目の前の視界は遮られるし、かなりの圧迫感を感じる。親しい人や家族ならともかく、全くの知らない人の真後ろでは自然とパーソナルスペースを取りたくなる。

それに、前の人がショルダーバッグやリュックや大きな荷物を持っている場合、周囲に気を配った持ち方をしてくれていないと、真後ろだと荷物が当たりそう

またこんなラッシュの中で何かあったら大変だ。
たとえば、エスカレーター到着地点(ホーム)がすでに大混雑でスペースがほとんどなかったような場合、もし段をあけていなかったら、身をかわす瞬間的な時間も逃げ場もなくてとても危険(実際こういうことは少なくない)。将棋倒しになる恐れもある。

だから皆、意識的にも無意識的にも、自然と1段づつあけて乗っているのだろう。

f:id:anno1532:20170527220942p:plain
逆にほとんど誰も乗っていないエスカレーターだったとして、今度は自分の真後ろに、スペースをあけずぴったりくっついて立たれたら、それはかなり緊張感と警戒心を呼び起こす。多くの女性は、それが知らない男性だったら少し怖いと感じるだろう。(空席だらけの車両で、周囲の席もあいているのに自分のすぐ隣に座られた時の感覚と同じ)
だからやはり1段はあけて乗ってほしい。

エスカレーターのステップの奥行って40cmぐらいなのだそうだけれど、そもそも
それって狭すぎるってことじゃないの?

エスカレーターの寸法は建築基準法の規定でしょうか?でもなぜ40cm?

もし、その1.5倍ぐらいの奥行があったら多少は解決しませんか?

そうすれば、そんな1段おきなどせずとも、普通に全段に人が乗っても、圧迫感も警戒心もおこらず、本来の輸送能力になって待ち行列も減るのではないだろうか。

全てのエスカレーターとはいわないけれど、危険を伴うような混雑が常態化しているような場所については、本気で考えてもらえませんか?

 

あんのでした。