働くデフレーゼ!女性目線のマーケティング

デフレ時代を賢く生きたい生活者として、長年企業で働く女性として、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴っていきます

30数年後も、毎日5階まで階段を上り下りできると思っていたの?

高度成長期後、マイホームを夢見て働き続け、やっと団地やマンションを手に入れた世代が、後期高齢者となった今もまだそのまま住んでいる。

子供たちはすでに中年期。実家とは遠く離れて、自分の家族と暮らしている。
時々遊びに来ていた孫たちもすっかり大人になって、もう祖父母の家にはほとんど寄りつかない。

購入時は最も人気があり価格の高かった上層階から順に空き家になっている。
(低中層建築物のため4~6階が最上階)

この時代はまだエレベーターの設置が義務化されていなかった

国土交通省資料によると、4~5階建マンションにおけるエレベーターは、
1971~1980年までで12%、その後1990年でもたった34%しか設置されていないという。

愛着深い我が家を手放したくはないし、環境を変えるのは大変、資金的にも今さら引っ越せない。
そうして時が経ち、ほとんど高齢者ばかりになってしまった低中層マンション。

足腰が弱り、骨折や痛みや病気を抱え、それでも杖をつきながら、時間をかけて、痛みをこらえつつおぼつかない足取りで4~5階分の階段を上り下りしてやっと外出する。

それでもまだひとりで歩ければいい方で、介助が必要だとそう簡単に家からも出られない。
f:id:anno1532:20170613004806p:plain
築年がかさみ、建物に様々な問題点が出てきても、全面的な建て替えや、大規模改修したくても資金的に困難で、実際にはできていないところがおそらく多いと思う。

せめてこういった建物に、昇降機(エレベーター)をつけられないものだろうか?
外階段の改築だけで済む、一人乗り用でもいいから簡易な昇降機がつけられたら…。
もしくはレンタル建機の昇降機を、そういうマンション用に利用できないだろうか。

そうすれば、少しは通院や買い物のための外出が楽になるだろうし、
住人だけではなく、重い荷物を配達する業者や、介護者にとっても助かるはず。

でもその財源はどうする? 住人の年金から? 税金から?

30数年前、宮城県沖地震(M7.4)の教訓から新耐震基準が設けられたのは有意義だったけれど、階段がないことで後にこうなることは全く予想していなかったのだろうか?

おりしもマンションブームとバブル経済に沸いていた日本は強気で、どんどん新しく建て替えればいいじゃない!みたいに軽く思っていたのだろうか。でも、1991年にバブルが崩壊した。

あんのでした。