働くデフレーゼ!女性目線のマーケティング

デフレ時代を賢く生きたい生活者として、長年企業で働く女性として、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴っていきます

働く私の神家電、ドラム式自動洗濯乾燥機

現代の家電「三種の神器とは、ロボット掃除機、食洗機、全自動洗濯乾燥機、の3つのことらしい。

前2つは持っていないけれど、働く女性として、私が最も助かっているのはドラム式全自動洗濯乾燥機!

朝、予約セッティングして、仕事から帰ってきた時にはできあがっている。当たり前?手抜き?、どう言われようとも、私にとっては神家電

以前は、乾燥機能のない普通の縦型洗濯機を長年使っていた。

脱水時には洗濯機ごとガタガタ揺れて大きく音をたて、排水管の音も夜だとかなり響く。マンションの階下に迷惑なため、20時頃には洗濯終了するように予約をして出勤。

でも残業で夜遅くなり、帰ってみれば、洗濯機の奥底にシワシワ・表面だけカピカピになった大きな洗濯物の塊。「あー、洗い直し!」

もう夜中だから、翌朝再度予約し直して出勤。でもその日も深夜残業…シワシワ・カピカピ。「あー、また洗い直し…」

このうんざりデジャブが月曜から木曜まで4日続いた時はさすがに情けない思いだった。

仕事は忙しく、洗濯物を干すために早くなんて帰れない。帰りの電車の中では、ただでさえ疲れているのに、帰った時のシーンが脳裏にうかび気も重い。

だから転居時は、新しい洗濯機を置ける防水パンの広さも部屋探しの決め手のひとつとなった。
f:id:anno1532:20170923162302p:plain
実際に洗濯乾燥機を使ってみると、

干す手間もなければ取り込む必要もない。洗濯機から出したほんのり暖かい洗濯物を、そのまま軽くたたんで引き出しや棚にしまい終了・・・感動。(もちろんアイロンの必要なものは別)

だから外干し時に天候の急変にやきもきする必要もないし、部屋干しの洗濯物が室内にぶらさがっている生活感も、気になる臭いもなくなる。

2台目に替えたらさらに進化していた。

洗濯して干したものより、乾燥機を使った方がずっと柔らかいのには驚いた(特にタオル類と肌着)。

予約時間を大きく超えて帰宅したときも、冷えてしおっとしてしまわないように、時折り回ってふわっとした暖かさを保ってくれる機能もついていた。

もう洗濯物のために帰宅時間を気にすることは一切なくなった。これが働く女性(男性も!)の味方でなくて何でしょう。

って、なんか思い切り、洗濯機屋の回し者みたいになってるけれど、家事と仕事のバランスにおいて本当に助かっているのだから仕方ない。

でもデフレーゼあんのとしては、そうは言いつつあまりコストがかかるのは許しはせぬ。

日常の衣料品はもちろん、シーツ・カバー類、厚めのジャンパー、布製バックも(ネットに入れて)洗濯機にポイっ。ドライマークタグの日用衣料も問題なく洗えてるから、洗濯機を買ってからクリーニング屋にはほとんど行かなくなった。それだけでも結構元がとれる。

クリーニングに出したら1回何千円もかかる厚手のカーテンや、毛布や掛布団も、ちょっと汗や埃やダニが気になったらすぐ丸ごと洗え、普通とそう変わらない時間でホカホカに乾燥

だから、ひとりorふたり暮らしでも10Kg程度の大きめのを買ったほうが、価格は少し高くても、その便利さと何年も使った時の費用対効果は高いと思う。(小さいと布団やカーテンが入らないから)

ちなみに私は、最新機種が出たあとひとつ型落ちの(でも機能はほとんど変わらない)機種をかなりお安く調達。

その2台目は、乾燥音も小さくなり、洗濯~乾燥までの時間も短くなっている。節電機能も向上しているのか、電気代は少し安くなったかも(調子に乗って洗濯回数が増えたけれど)。

正直言って、日本の白物家電は、働く人間のことをあまり考えていないのではないか?という不満を長いこと持っていた。

1台目のドラム式を買った頃はまだまだ「全自動洗濯乾燥機は、小さい子供のいる家庭の専業主婦が使うもの。」のイメージでしか機能設計していないのではないかと、便利ながらも結構不満に思うところがあったけれど、今は随分と改善されてきて、メーカーの変化を少し感じる。

次に期待するのは「自動アイロン機」。アイロンの進化版じゃなくて、全自動洗濯乾燥アイロン機ね。至急開発のほど、よろしくお願いします!

あと5月にも書いたけれど、「お風呂用ロボット掃除機」もまだですか~?

あんのでした。