働くサラリーウーマンあんの

あんのです。賢くお得に生きたい生活者として、また長年企業で働く会社員として、そして女性としての目線で、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、困ったり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴ります

対面より電話が優先されるのはなぜ?打合せ中に電話に出て、話し出す人の心理。

私は打合せ中の電話が好きではない。これは社内での打合せ中、相手の携帯にかかってきた(仕事の)電話に出て話し出されてしまう、そういうシーンのこと。

真剣な話の最中でも、その電話で強制的に中断される

「あー、それだけどね…」とか話しながらその場を離れてしまい、こちらは取り残される。しばらくして戻ってきて「ごめんごめん。で、何だっけ?」になる。

ひどい場合は何度もかかってくるたび応対し、さらにその電話に対処するためその場で別の人に自分から電話かけたりして、相手にとって目の前の私はいないのと同じ状態、なんて時もある。

他所でも日常的によく見かけるシーンだ。

放っておかれてすねてる。って面もあるだろうけれど、それよりも時間の無駄!という思いの方がずっと強い。

これが電話でなければ、会議室にいきなり誰か入ってきて、緊急でもない話をこちらを無視して話し込むなんて、そうそうないはず。なのに電話だとなぜか許される。電話の方が対面より優先みたいな空気があるのはなぜだろう。
f:id:anno1532:20180113220433p:plain
事前にアポをとり、打合せ場所を確保し、資料を揃え、どうすれば理解してもらえるか話の筋書きを組み立て…など事前準備して臨んでいるこちらにしてみれば、別に緊急でもないその電話で話の腰が折られ、貴重な時間が奪われ狙いが成就できないことに良い気分はしない。

しかもそういう時は、相手も集中していないから記憶も曖昧になりがちだ。にもかかわらず中途半端にわかっている気になっているから、かえって始末が悪い。

勘違いや認識に齟齬が生じ、後日さらに無駄な時間を消費することにつながる。

働き方改革で生産性向上とか言うなら、日常のたかが電話も打合せも、もう少し意識してもいいのではないか?と思う。

こういうのは概ね、位置関係で上位層の人間がやりがちだ。

打合せ中、誰かからの電話で中座ばかりしているのがもし部下だったら、先にその電話の内容を片づけるように言うだろう。もし急がないならその旨相手に伝え、こちらに集中するよう言うだろう。

でもこれを上位層にやられると部下は言い出せない。もしくはせいぜい「お忙しそうなので打合せ中止しましょうか」など嫌味を言うのが精一杯。でも「あー、いいのいいの。」全く気づきもしない。つまりその程度の電話ってことじゃない。

上位層は肝に銘じた方がいい

そういう行為は「あなたなんかより電話の相手の方が大事」「本当は嫌だけど仕方なくあなたにつきあってるだけ」というメッセージを目の前の相手に伝えているのに等しいことを。

そんな大げさな。そんなこと思ってもいないよ。かかってきた電話なんだから仕方ないじゃない!と言い張るだろうけど、つきつめればそういう心理が奥底にあるからこそなのだ。

悪意はなくても、相手に敬意も尊重もなく軽んじている、もしくは甘えている。そういう人は、目の前の人がもし社長や大事な得意先の人(自分より上位層)だったら、電話がかかってきたって、きっと出たりしないだろうから。

中には「今打合せ中で、かけ直します」といってすぐ切ってくれる人もいる。

先日打合せした役員は電話に出もしなかった(マナーモードでコール音もしなかった)。ちゃんと目の前の自分を尊重し、仕事に真摯に向き合ってくれていると感じ、それだけで信頼感と好感度がアップした。単純。

実際はどうあれ相手がどう感じるか。そんな些細なことで人のコミュニケーションや、業務生産性が左右されるのもまた事実。

あんのでした。