働くサラリーウーマンあんの

あんのです。賢くお得に生きたい生活者として、また長年企業で働く会社員として、そして女性としての目線で、日々の暮らしや仕事でふと感じたり、困ったり、こんなものがあればいいのに!と思ったことを綴ります

給与収入450万円独身or控除なし共働きの方、「ふるさと納税」でビール120缶や米100Kgが実質2千円だけどどう?

ふるさと納税をしたことのない友人が「それって肉がもらえるやつでしょ?」と聞いてきた。どうやら「何か手続きすると肉がもらえる仕組み」ぐらいのイメージらしい。

いやいや、ふるさと納税は、ある条件内で自分の好きな自治体に寄附できる制度のこと。多くの自治体では、寄付金の使い道も指定できるから、役所ではなく自分が自治体のお金の使い道を一部決められる制度とも言えるかも。

通販サイトみたいに数えきれないほど色々ある返礼品は、自治体が自分のところに寄付してもらいたいがゆえに、独自に知恵を絞り魅力的な品やサービスを提供しているだけで、国の制度ではない(返礼品がない自治体もあった)。

だから以前過当競争になり、返礼品が豪華すぎて本来の趣旨に反するとか、転売されたりするとかで自粛を求められて、一時のような盛り上がりは沈静化したけれど、それでもやはり私たち納税者にとってはお得な制度。所得税と住民税の一部が控除対象、つまり返礼品がもらえる減税だから見逃せない。
f:id:anno1532:20171223135325p:plain
控除される寄付金の上限は人によって異なる。ふるさとチョイスの目安表によると、例えば「給与収入450万円(年間)の、独身者や配偶者控除のない共働き夫婦」だと、控除上限額5万3千円とある。(※注:条件より各々異なるのであくまで目安)

この人がどこかの自治体(複数OK)に上限の5万3千円払って返礼品をもらい、後日確定申告ワンストップ特例制度で申告すれば、5万1千円分戻ってくる(→※所得税は還付、住民税は控除)。

つまり5万3千円分の返礼品を2千円で買えたのと同じこと。(配偶者控除のない共働き夫婦で、各々給与収入450万円/年なら、世帯でみれば10万6千円分の返礼品を4千円で買える計算)

ただ、返礼品は普通よりずっと高く値づけされているから、寄付金上限を間違えたり後日申告を忘れたりすると、ただ単に超高い買い物したのと同じになってしまう。1年を通じて収入が安定していない仕事や、年途中の転職で年収が読みづらい場合は注意しないとね。

控除上限額5万3千円の場合、肉・海産物・野菜・果物などの他にも例えば…お得な自治体では、缶ビール(350ml)120缶や、米100Kgや、トイレットペーパー460ロールや、家電ならホームベーカリー日立の掃除機などが実質2千円で手に入る。(※ほんの一例。また時期や人気などによって返礼品は日々変化します)

ちなみに、実質2千円で「豪華客船 飛鳥Ⅱ  6日間クルーズ」という返礼品も!ただ、給与収入3,000万円程度の人ですけどね(ため息…)

私もサラリーウーマンだから節税になるので毎年実施。でも「生もの」は、平日昼間に受け取れないし短期間で食べきれないので避けて、米や商品券にしています。
(※ふるさと納税は通販ショップではないから、日時指定できないとか、いつ届くかわらないものも多い)

そうだ、以前ふるさと納税でgetした、サーティワンアイスクリーム商品券(使用期限なし)、このGWに使って食べようっと!

あんのでした。